クレジットカードの審査方法


スポンサーリンク

クレジットカードの審査方法

クレジットカードを取得するには必ず各クレジットカード会社の審査に受かる必要があります。  クレジットカードの審査で審査対象となるのは、年収、職業、勤続年数、居住年数、居住形態、家族構成などが主なものでこれらはまとめて「属性」と呼ばれています。  クレジットカードの審査においての属性では、年収は最低で300万円以上となっている場合が多くなっていますが、年収同様に重要視されることは「安定した収入があること」となっています。
また職業は医師や弁護士などと言ったいわゆる士業の人や上場企業の代表者や取締役は最も評価が高く、その後が公務員、上場企業社員、非上場企業社員、自営業、学生や主婦などとなっています。  勤続年数は長い程よいことになっていますが、上場企業の正社員などの場合は入社後間もない場合であっても、企業の信頼性によってカバーされるため特に低い評価を受けることはありません。  また居住年数も長い程高く評価され、居住形態については持ち家の場合が最も評価が高く、賃貸、公営住宅、下宿などの順で評価は下がっていきます。  家族構成は万が一毎月の支払が行われなかった場合などに、本人に連絡がとりやすい家族構成、つまり両親と同居している場合などは評価が高くなります。また子供の数に関してはあまり子供の数が多いと自由に使える金額が少なくなるためにマイナスとなります。  クレジットカードの審査ではこうした属性以外にも「クレジットカードヒストリー」が非常に重視されます。これは以前のクレジットカードやローンの使用状況のことで支払の延滞などがあると非常に評価が下がってしまいます。