クレジットカードの歴史


スポンサーリンク

クレジットカードの歴史

クレジットカードの誕生は1949年のアメリカにさかのぼります。  ニューヨークの実業家であったフランク・マクナマラが、友人であったアルフレッド・ブルーミングデール(有名な百貨店であるブルーミングデールの創始者の孫)、弁護士のラルフ・スナイダーとともに、当時最も人気のあったメジャース・キャビン・グリルという高級レストランで食事をした際に、フランク・マクナマラが財布を忘れてきたことに気がつきました。  その場はマクマナラ婦人の機転でなんとか場を取り繕ったものの、この出来事がきっかけとなってフランク・マクナマラはなんとかして現金を持ち歩くことなく食事ができる方法はないかと考えました。  この結果、翌年の1950年に登場したのがクレジットカードで、世界最初のクレジットカード会社であるダイナースクラブの設立がその始まりとなりました。
その後アメリカでは次々とクレジットカード会社が設立され、1951年にはフランクリン・ナショナル銀行がクレジットカードを発行、1958年にはアメリカン・エキスプレスがカード業務を開始しました。  アメリカではその後も1966年にはインターバンク・カード・アソシエーションが設立され、後のマスターカード(Master Card)の前身であるマスターチャージカードが発行されます。  一方日本においては、1960年に現在のみずほコーポレーション銀行の前身である富士銀行とジェイティービーの前身の日本交通公社が日本最初のクレジットカード会社である、日本ダイナースクラブを設立しましたが、実際のクレジットカードの発行は丸井が割賦販売専用としてクレジットカードを発行したのが日本第1号となっています。  なお日本で唯一の国際ブランドであるJCBが設立されたのは1961年で、現在の三菱東京UFJ銀行の前身である三和銀行と日本信販(現在の三菱UFJニコス)によって設立されています。