ソニー銀行のSony Bank WALLETが15歳でも外貨預金利用可能に

スポンサーリンク



ソニー銀行が発行するSony Bank WalletはVisa付きのデビットカードで、その特徴は

1.年会費無料
2.高校生からVisaカードが作れる
3.利用金額の0.5%~2.0%が毎月キャッシュバックされる
4.他行宛振込手数料が毎月2回無料
5.ソニーストアでの購入代金が3%OFF
6.Visa認証サービスが利用可能
7.「外貨預金優遇制度」で様々な特典が受けられる
8・ハーツレンタカーの基本料金が5%~20%OFF

9.ショッピング保険が付帯
10.第三者不正使用保険が付帯
11.11通貨決済が可能

と、充実したサービスを備えています
このSony Bank Walletですが、15歳以上、すなわち高校生からでも作ることができたのですが、前述の11番めの外貨利用については未成年者は認められていませんでした。それが2016年11月7日から、未成年でも外貨利用が出来ることになるのだそうです。すなわち、外貨普通預金口座の開設など、1部の外貨取引が可能となり日本円はもちろんのこと米ドルやユーロと主要の外貨は11通貨に含まれていますので、大概の海外での活動には困らないと思います。

今回の規定変更により、Sony Bank WALLETを利用する未成年は必要に応じてソニー銀行の自分の外貨普通預金口座で受け取る外貨をそのまま海外で利用できるようになります。海外旅行先でのVisa決済やATMでの現金引き出しなど、両親のカードに頼ること無く自分で利用できるわけです。また自分の外貨口座の残高が不足してしまった場合でも、自動的にソニー銀行の自分の日本円口座からソニー銀行が定める為替レートでの充当が可能となりますから、うっかり残高が不足していた場合でも日本円が残っている限り困ることはなさそうです。

スポンサーリンク



一般に未成年が利用する場合はどのような場合が考えられるのでしょか。前述のように海外旅行時のショッピングで利用ができるわけですが、普通は未成年の海外旅行は両親もしくは成人同伴者と行くものですから、買い物をするにも自分での支払いというよりは同伴者に支払ってもらうパターンがほとんどではないでしょうか。
そうすると、今回の措置で最も便利性が高まるのは海外留学生ではないかと思います。筆者のまわりにもお子さんを海外に留学させている親御さんがいらっしゃいますが、以外に日本からの送金で苦労される点があるようです。これが今回のSony Bank WALLETの措置により自分の子供名義の Visa付きデビットカードが使わるわけですから、学費の支払い・寮の支払い・生活費の支払い、等で利便性が高まるものと思います。またクレジットカードとは違い上限が定めらえっるデビットカードですから、子供に使わせすぎない意味でも使い勝手のよいカードサービスと言えそうです。


スポンサーリンク