電子マネー「Suica」のスマートフォン導入試験が開始

スポンサーリンク



いずれすべてのモノがスマホ一つに取り込まれてしまうだろう。

このように言われ続けていますが、そのとおり、ありとあらゆるものがスマホ機能の中に含まれてきていますね。その内お財布はもとより、運転免許証やパスポート等の身分証明書もスマートフォンの中に取り込まれるのではないでしょうか。

そのような中、JR東日本が長らく発行している電子マネーSuicaのスマートフォン内での利用実験が行われるようです。海外に比べるとやや遅い感がありますが、それでも一度始まってしまえば長きにわたり重宝されることは間違いありませんね。

仕組みとしてはスマホ端末搭載NFCリーダ/ライタモードを通じてSuicaから対象となる金額が差し引かれます。セキュリティー面としては、シンクライアント方式という携帯電話の回線を通じて決済処理を行うものとなり、今回はトランザクション・メディア・ネットワークスの技術が採用されるようです。

またその試験端末として選ばれたのはソニーのXperiaシリーズの一つ、Xperia Z5 Compactになります。Xperia Z5 CompactはFeliCaリーダライタRF性能検定に初めて合格したスマートフォンなのだそうで、使用策定の検討としてソニーモバイルコミュニケーションズと協業の下に進められることとなりました。今後スマートフォン決済端末の仕様を決めるにあたり、様々な角度からの検証が予定されています。

スポンサーリンク



現時点で試行が予定されている場所は

10月7日~10月9日

東京国際フォーラム地上広場の「東京味わいフェスタ 2016」
*移動販売車での飲食物販売支払で使用可

10月24日~12月28日

鉄道博物館
*体験コーナーにて使用可

の2カ所となっています。


スポンサーリンク