Apple Pay(アップルペイ)の特徴・まとめ|Apple Pay(アップルペイ)上陸!

スポンサーリンク



日本にも上陸したApple Pay(アップルペイ)は非接触型の支払い端末として急速に市場に広まりつつあります。 Googleと同様に自社と関連グループによる囲い込みが前提となっていますので完全に便利とはいえないかもしれませんが、それでも日常生活における利便性を飛躍的に高めつつあることに違いはありません。このApple Pay(アップルペイ)の特徴を一つひとつみていきましょう。

Apple Pay(アップルペイ)の大まかな特徴

Apple Pay(アップルペイ)で約束する特徴は簡単・素早く・よりプライベートに、というコンセプトでお店での支払い・リワードの利用・アプリ上の支払い・サファリブラウザを利用する中でのオンラインショッピングと、大きく分けて四つのカテゴリーの中で利用することができます。

Apple Pay(アップルペイ)の仕組みですが、デビットカードもしくはクレジットカードのEMV(EMVとは国際カードブランドであるVisaカードとMasterCardカードの間で取り決められたが「ICチップ搭載クレジットカードの統一規格」のことです。この両社により取り決められたことから、両社の頭文字である「M」と「V」に加え、この規格が定められた時にヨーロッパでMasterCardカードブランドを運営・管理していたEuropay International社の「E」を加え、これら三つの頭文字から「EMV」と命名されました)、またはカードに付属する磁気ストライプカードの取引情報を信用照会端末で読み取ります。技術的には現在すでに世界中の多くの国で利用され始めている「非接触支払いの複要素認証版」の技術に最も近く、近距離無線通信の技術で Touch IDと暗号化されたしはり情報を受診する仕組みとなっています。

スポンサーリンク



Apple Pay(アップルペイ)に対応する対応機種

Apple Pay(アップルペイ)に対応している機種ですが、2016年11月の時点で

iPhone 7、iPhone 7 Plus、IPhone 6、IPhone 6s、iPhone SE、 IPad Air 2、iPad Pro

がApple Pay(アップルペイ)での直接決済が可能となっており、

IPhone 5、IPhone 5c、IPhone 5s、IPhone 6、IPhone 6s、 iPhone SE、iPhone 7、iPhone 7 Plus

といった新旧を含めた機種ではApple Watch(アップルウォッチ)を経由して利用できることになります。


スポンサーリンク